1日10分!1年後に差がつくExcel教養

ちょっとした事なのに、意外と知らない便利なExcelの技を10分でお届け!

メモ帳を使ってカテゴリー分けを行う方法方法。慣れればめちゃくちゃ簡単です!

日付や製品名などで、記号や製造日など色々なカテゴリーが一つの文字列の中に複数含まれてセルの中に入力されていることがあります。

例えば

・「2020 12 21」 →  2020年 12月 21日

・「AQOUS 4TーC50JA 50インチ」 →  アクオス 型番 サイズ

こんな感じです。

 

今日解説するのは、

この一つの文字列の中からカテゴリーを分けてそれぞれのセルに入力する方法です。

こんな感じ ↓

f:id:Djiro:20201221234057p:plain



一つのセルには最小単位を入力することが基本ですので、上記のように一つのセルに3つも情報が入っていると後で利用するのに色々と不便です。

「FIND(ファインド)」関数を使って対象文字を見つけ出し、「MID(ミッド)」関数を使って文字を取り出す方法もありますが、

今回はメモ帳を使った方法を 紹介します。

 

  

□関数を使わずに文字列を分割する。

製品名をメモ帳にコピーして、半角スペースをタブ文字に置換してエクセルに戻すという作業を行います。

慣れると簡単にでき利用になるので、繰り返し練習してみましょう。

①「Ctrl」+「Shift」+「↓」で最下行まで選択する。

f:id:Djiro:20201221234041p:plain

②「Ctrl」+「C」でコピー

f:id:Djiro:20201221234014p:plain

③「Ctrl」+「V」でメモ帳に貼り付け

f:id:Djiro:20201221233941p:plain

④「Ctrl」+「H」で「置換」する

・「検索する文字列」に半角スペースを入力。

・メモ帳の任意の場所で「Tab」キーを押して入力。

・「Ctrl」+「X」で切り取り。

・「置換後の文字列」に「Ctrl」+「V」で貼り付け。

f:id:Djiro:20201221233922p:plain

ここで注意点ですが、

直接「置換後の文字列」に「Tab」キーを押せばいいのでは?と思うかもしれませんが、

「Tab」キーは次の項目に移動するという機能を持ったキーですので、直接押すとその下の「大文字と小文字を区別する」のチェック欄に移動してしまいます。

必ず、コピー&ペーストで行いましょう。

⑤すべて置換をクリック

半角スペースの部分がすべてタブ文字に変換されます。

f:id:Djiro:20201221233859p:plain

⑥「Ctrl」+「A」で全て選択する

f:id:Djiro:20201221233835p:plain

⑦「Ctrl」+「X」で切り取る

f:id:Djiro:20201221233808p:plain

⑧「Ctrl」+「V」で貼り付け

f:id:Djiro:20201221233749p:plain

⑨完成

 

 

□まとめ

複数の情報が一つになっている文字列は、

メモ帳を活用すると簡単にカテゴリー分けをすることができます。