1日10分!1年後に差がつくExcel教養

ちょっとした事なのに、意外と知らない便利なExcelの技を10分でお届け!

誰が見ても分かる様にセルに説明を表示させる方法

経費の申請書やアンケートシートなど、不特定多数のメンバーに配布して記入してもらう場合があります。

そんなデータでは、記入者が間違えないように、メモを表示する場合があります。

私の場合は、会議資料などでも使ったりしています。

メモの書き方自体はよく知られているのですが、ここでは「常に表示させる方法」なども合わせて解説します。

こうすることで、注意喚起になり作業してもらえるので、間違いも少なくなり、後でチェックするにも効果的です。

 

 

□コメントの設定方法

①メモを追加したいセルをクリックして選択

f:id:Djiro:20201228173922p:plain

②「Shift」+「F2」で吹き出しを作成

f:id:Djiro:20201228173937p:plain
※注意点として、

セルを右クリックして「新しいメモ」をクリックしても追加できます。

f:id:Djiro:20201228174146p:plain

③コメントを書き込む

f:id:Djiro:20201228173955p:plain

④完成

 

 

□メモを常に表示する方法

メモは通常、対象のセルにカーソルを合わせた時のみ表示されます。

この時に、人によってはメモのコメントを見落とすなど、作業者によって差異が出てきます。

場合によっては、常に表示させておくことも必要です。

※方法

校閲タブ → 「すべてのメモを表示」をクリック

f:id:Djiro:20201228174958p:plain


※因みに、記載したメモをそのまま印刷することもできます

「ページレイアウト」タブをクリックし、ページ設定グループにある「ページ設定」をクリック

f:id:Djiro:20201228180124p:plain



②「シート」タブの「コメントとメモ」を選択

f:id:Djiro:20201228180105p:plain

③完成

見えている画面の通り印刷できます。コメントシートで見せたいセルが重ならないように注意しましょう。

f:id:Djiro:20201228180050p:plain

 

 

□コメントを削除する方法

一応、コメントを削除する方法も記載しておきます。

コメントが必要なくなった場合は、対象セルを右クリックして「メモの削除」を選択します。

f:id:Djiro:20201228214438p:plain


 

□上達のためのワンポイント

コメントの枠は、図形と同じように移動・拡大・縮小が可能です。

「Alt」キーを押しながら作業すると、セルの角にピッタリ揃って綺麗に表示できます。

 

 

□まとめ

※「Shift」+「F2」:コメントを追加。

※「Alt」キーを使うとコメント枠の移動・拡大・縮小が綺麗に変更できる。

※「すべてのコメントの表示」でコメントを常に表示できる。

※右クリックして「コメントの削除」でコメントん削除ができる。