1日10分!1年後に差がつくExcel教養

ちょっとした事なのに、意外と知らない便利なExcelの技を10分でお届け!

データ入力が一瞬で終わる!別の表からデータを自動的に取得するする方法(HLOOKUP関数)

「HLOOKUP(エイチルックアップ)」関数を使って、別表からデータを取得する方法を解説します。 

 

こんな人におすすめ↓

※従業員の勤務時間を管理した表を作成したい。

※曜日ごとに「始業時間」と「終了時間」を記載した営業カレンダー表を作成したい。

 

 

□「VLOOKUP(ブイルックアップ)」関数との違い

前回、「VLOOKUP(ブイルックアップ)」関数について解説しましたが、できることは基本的に同じです。

違いは、マスターデータの検索方向です。

VLOOKUPの「V」は「Vertical(垂直)」を表しているので、縦方向に(行方向)に検索したい場合に使います。

例えば、

商品マスターや社員マスターなどは、縦方向(行方向)にデータを管理することが多いです。 

djiro.hatenablog.com

それに比べて、

HLOOKUPの「H」は「Horizonatal(水平)」を表しているので、横方向に(列方向)に検索したい場合に使います。

例えば、

年月や曜日などの時間軸で管理する場合などは、横方向(列方向)に検索したい場合に使います。

f:id:Djiro:20210107182856p:plain

 

 

□曜日ごとに「始業時間」と「就業時間」を記載したカレンダーを作成する。

今回は、「HLOOKUP(エイチルックアップ)」関数を利用して、

営業時間の「始業時間」と「終業時間」を取得して、営業カレンダーに自動的に反映させていきます。

完成形はこんな感じです↓

f:id:Djiro:20210107182926p:plain

 

手順①:C3セルに数式を記入

f:id:Djiro:20210107184203p:plain

※「HLOOKUP(エイチルックアップ)」関数の引数は4つです。

・引数1:探す値(曜日)

→探したい値を選択。

・引数2:範囲(営業時間)

→探しに行く範囲を選択。この範囲の中から探す値を見つけるイメージです。 

・引数3:取得列番号(始業時刻行

→取得したい列番号を指定します。

・引数4:FALSE

f:id:Djiro:20210107214920p:plain

 ↓

手順②:フィルハンドをダブルクリック

f:id:Djiro:20210107214952p:plain

手順③:「始業時間」の数式をコピーして「終業時間」のセルに貼り付け

※注意※

 この時にそのままコピーしてしまうと、数式がずれてしまいます。

f:id:Djiro:20210107215611p:plain

これを防ぐために、「$(ドル)」マークを活用します。

引数1(B3)と引数2(G2:M4)に「$(ドル)」マークをつけます。

f:id:Djiro:20210107215554p:plain

引数3を「3」に修正 

f:id:Djiro:20210107220150p:plain

手順④:フィルハンドをダブルクリック

f:id:Djiro:20210107220201p:plain

完成

f:id:Djiro:20210107220213p:plain

 

 

□まとめ

※「HLOOKUP(エイチルックアップ)」関数:別表からデータを持ってくる(横方向)

=HLOOKUP(検索値,別表の範囲,行番号,検索の型)

→「検索値」のデータを「別表の範囲」の中で横方向に検索し、見つかったら「行番号」の値を取得する。

※4つ目の引数は「TRUE」か「FALSE」のどちらかを指定

TRUE:近い値を検索(類似一致)

FALSE:正確な値を検索(完全一致)

特に気にせずに、「FALSE」を指定する。