1日10分!1年後に差がつくExcel教養

ちょっとした事なのに、意外と知らない便利なExcelの技を10分でお届け!

エクセルでABC分析を行う具体的方法。パレート図作成手順から分析方法まで解説します。

ABC分析を使って、優先順位をつける方法を解説します。

 

こんな人におすすめ↓

※営業成績から顧客のランク付けをして、優先順位をつける

※在庫などの資材管理を経費からランク付けして、予算分配を考える。

 

この記事で分かること↓

ABC分析を理解できる

※ピポットテーブルの使い方

パレート図の作成方法

 

例題↓

「顧客別売上シート」のデータから、ピポットテーブルを作成します。

それを利用して「パレート図」(ピポットグラフ)を作成します

完成図イメージ↓

f:id:Djiro:20210108225509p:plain

 

  

□「ABC分析」とは

ABC分析とは、分析対象の数値が高い順にランク付けをして管理・分析することです。

これは、数値が大きいアイテムに対して重点的に経営資源を配分することで、売上や利益を効率的に向上させることができるという考え方に基づいています。

ABC分析は非常にシンプルですが、企業の経営戦略の立案やマーケティングのためのデータ分析の基本であり、初期分析としてよく使う手法でもあります。

簡単な分析方法

分析するのに必要な概念が「累積比率」というものです。

「累積比率」とは、値を上位から累計していき、その結果が全体の何%にあたるかを調べるものです。

この比率によって「A〜C」までランク付けします。

下記に簡単にまとめます↓

全体の70%を占める項目を「A」

70%〜90%を占める項目を「B」

90%〜100%を占める項目を「C」

f:id:Djiro:20210108220802p:plain

 

 

パレート図の作成方法

パレート図を作成するには、2つの工程を経て作成します。それが、「ピポットテーブル」「編集」です。

「ピポットテーブル」は累積比率を示すために作成します。

「編集」は各取引先の売上を棒グラフで表示して、作成した「累積比率」を組み合わせます。

「ピポットテーブル」を作成して、累積比率の軸を作成する

手順①:「顧客別売上」シート表を選択

※ショートカットキー → 「Ctrl」+「A」

f:id:Djiro:20210108220826p:plain

手順②:「ピポットテーブル」を選択

f:id:Djiro:20210108222035p:plain

手順③:「OK」をクリックして「ピポットテーブル」を挿入

f:id:Djiro:20210108222101p:plain

f:id:Djiro:20210108221958p:plain

手順④:「ピポットテーブのフィールド」で編集

1,「顧客」「行」ドラッグ&ドロップ

2,「売上金額」「値」ドラッグ&ドロップ(売上金額)

3,「売上金額」「値」ドラッグ&ドロップ(累積比率)

f:id:Djiro:20210108221943p:plain

手順⑤:値フィールドの設定

f:id:Djiro:20210108223010p:plain

1, 名前の指定:「累積比率」と入力

2,「計算の種類」のタブを選択

3,「計算の種類」タブ:「比率の累計」を選択

f:id:Djiro:20210108222947p:plain

f:id:Djiro:20210108222930p:plain

手順⑥:右クリックで「並べ替え」→「降順」を選択

f:id:Djiro:20210108222909p:plain

完成

f:id:Djiro:20210108222859p:plain


 

「編集」作業を行い,パレート図を作成する

手順①:「挿入」」タブの「ピポットグラフ」を選択

f:id:Djiro:20210108224104p:plain

手順②:「組み合わせ」タブ→「累計比率」にチェックを入れる。

※折線グラフに選択する※

f:id:Djiro:20210108224000p:plain

手順③:右クリックから「グラフの移動」→「新しいシート」を選択する。

f:id:Djiro:20210108223938p:plain

f:id:Djiro:20210108223927p:plain

手順④:軸をダブルクリック「軸のオプション」→「最大値」を「1.0」に設定する。

f:id:Djiro:20210108224448p:plain

完成

f:id:Djiro:20210108225509p:plain

 

 

□まとめ

ABC分析は,「ピポットテーブル」を作成し,「棒グラフ」に組み込んだ「パレート図」を作成して分析する。

※分析の初期段階で活用し、経営資源の分配を計画する。