1日10分!1年後に差がつくExcel教養

ちょっとした事なのに、意外と知らない便利なExcelの技を10分でお届け!

エクセルでレーダチャートを作成し、ユーザーニーズを分析する方法

エクセルでレーダーチャートを作成して,ユーザーニーズを「把握・分析」する方法を解説します。

 

こんな人におすすめ↓

※新商品を開発した後の結果を分析したい人

※お客様のアンケートなどを分析したい人

 

この記事で分かること↓

※レーダーチャートについて(分析方法まで)

※エクセルでレーダーチャートを作成する方法

  

  

□レーダーチャートとは?

レーダーチャートとは,複数の項目の軸を比較するのに適したグラフです。

グラフの軸・目盛・ラベルが正多角形に配置されます。

こんな感じ↓

f:id:Djiro:20210112223632p:plain

蜘蛛の巣のような形をしていることから、クモノ巣」グラフとも呼ばれます。

データは多角形の上の点で表現され、各データの間を直線で結びます。

複数の項目の値のバランスを見るために利用します。

具体的な分析方法

レーダーチャートは視覚的に見て一瞬で傾向を分析できるのが特徴です。

例えば、以下の表を用いて解説します↓

「デザイン」「味」「持ちやすさ」「値段」「宣伝方法」の5つの項目で「A」「B」「C」の3つの商品を3社で比べています。

f:id:Djiro:20210112231136p:plain

f:id:Djiro:20210112231144p:plain


パッと見て分かる3つの特徴(青のグラフが自社です)

・①Aは他社と比べて「デザイン性」が低い ←→  「味」は高い

・②Bは他社と比べて「デザイン性」と「味」が低い ←→  「飲み口」は高い

・③Cは他社と比べて「デザイン性」と「宣伝方法」が低い ←→  「味」は高い

ここから分かる分析結果(簡単に)

・①〜③の全てにおいてデザイン性が低い →  デザイン変更する。

・Bは、「味」が低い →  味を見直す。  

・Cは、「宣伝方法」が低い →  宣伝方法を検討する。

 

よくある項目で商品を比較してみました。

レーダーチャートを作成すると、パッと見ただけでもこれだけの情報がわかります。

 

 

□エクセルでレーダーチャートを作成する方法

以下の手順に沿って解説していきます。↓

①データを整える

②レーダーチャートを作成する。

③作成したレーダーチャートを整える

 ・系列の順番を入れ替える

 ・軸の最大値と最小値を設定する

 ・チャートを完成させる

 

①データを整える

上記でも記載しましたが、レーダーチャートは、複数の項目の値のバランスを見るために利用するのでグラフです。

そのため、全ての項目の値を整える必要があります。

例えば、以下の表を見てください↓

f:id:Djiro:20210112230635p:plain

これをレーダーチャートにすると↓

f:id:Djiro:20210112230647p:plain

設問の解答が3段階評価(1・2・3)5段階評価(1・2・3・4・5)の2種類があります。

当たり前の話ですが、3段階評価と5段階評価では、数字の価値が違います。

こうなると正しい分析ができないので、3段階評価を5段階評価に換算します。

変換する具体的な方法はこちら↓

3段階評価を5段階評価に変換します。

1→「1」

2→「3」

3→「5」

f:id:Djiro:20210112230703p:plain

これで、数値の価値が平等になります。

データ整理は分析の初歩ですが、結構できてないポイントです。 

 

②レーダーチャートを作成する

具体的な例題を設定してレーダーチャートの作成手順を解説します。

上記①の「データを整える」は終わっている状態です。

例題↓

※一つの商品を「AからE」の5つの項目で売上を分析し、自社を含めた3社で比較します。

完成形はこんな感じ↓

f:id:Djiro:20210112231601p:plain

f:id:Djiro:20210112234948p:plain

 

手順①:範囲選択

f:id:Djiro:20210112232139p:plain

手順②:「挿入」タブから「ウォータフォール」の「塗りつぶしレーダー」を選択

f:id:Djiro:20210112232128p:plain

完成

f:id:Djiro:20210112232119p:plain


 ③作成したレーダーチャートを整える

・系列の順番を入れ替える

最初に表示されたレーダーチャートは、データの並び順に沿って下から上に重なって表示されています。

競合他社と比べる時に使うことが多いので、自分の会社の表が1番下に表示されたりすると、分析しにくいです。

どんなデータでも自分のデータを1番上に表示して、見やすくしましょう。

手順①:「デザイン」タブの「データの選択」を選択

f:id:Djiro:20210112233039p:plain

手順②:「自社」をクリックして、「↓」を2回クリックして1番下に表示

f:id:Djiro:20210112233021p:plain

f:id:Djiro:20210112233005p:plain

完成

f:id:Djiro:20210112232956p:plain

 

・軸の最大値と最小値を設定する

レーダーチャートの軸のメモリは、自動的に設定されます。

しかし、アンケート調査などの項目ではそれが必ずしも正しいとは限りません。

(例えば、3段階評価もあれば5段階評価もある)

今回は5段階評価に変更してみます。

手順①:「グラフ要素を追加」から「軸」の「その他のオプション」を選択

f:id:Djiro:20210112234229p:plain

手順②:「軸の書式設定」から最小値を「1」、最大値を「5」を入力

f:id:Djiro:20210112234219p:plain

完成

f:id:Djiro:20210112234208p:plain

 

・チャートを完成させる2つのポイント

見やすいように2つの項目を修正します。

手順①:凡例の位置変更

f:id:Djiro:20210112234911p:plain

手順②:「グラフタイトル」を変更する

f:id:Djiro:20210112234857p:plain

完成

f:id:Djiro:20210112234846p:plain


 

□まとめ

※レーダーチャートは、視覚的に見て一瞬で傾向を分析できる。

※エクセルでレーダーチャートを作成する手順

①データを整える

②レーダーチャートを作成する。

③作成したレーダーチャートを整える

 ・系列の順番を入れ替える

 ・軸の最大値と最小値を設定する

 ・チャートを完成させる